18歳や19歳でのクレジットカードの審査について

クレジットカード会社にクレジットカードを申込むと、18歳以上の場合は、ほとんどが学生か会社員かパートやアルバイト、または無職かということになります。

 

18歳と19歳の学生の場合には、月額利用枠も少なくキャッシング枠も少ないものになりますがまずは問題なくクレジットカードを作ることが出来るでしょう。
ただし未成年ですから親権者の同意が必要となります。
学生といっても、研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の場合は、学生としては申込めず、アルバイトやパートをして働いていなけければ無職になります。

 

18歳や19歳で学生ではなく無職でなければ、パートやアルバイトか、会社員、公務員などでクレジットカードを申込むことになります。
18歳であっても勤続年数とクレジットカードの審査は関係してきます。
勤続年数は通常同じところに2年が審査の基準になると言われていますので、18歳で2年の勤続年数はないのが普通ですから長い人で1年のところにチェックして、クレジットカードの審査に通るかどうかは微妙です。

 

クレジットカード会社の審査基準は各社まちまちです、キャッシング枠を最小にして初めて作るクレジットカードであれば、勤続1年でも入社したばかりでも審査に通るところもあるのも事実です。

 

アルバイトやパートでもちゃんとした収入が毎月あって、年収レベルで200万円をクリアしていれば、勤続年数が2年あればほとんどの人はクレジットカードの審査に通るとも言われています。

 

同じ勤務先でクレジットカードを作った先輩がいるかどうかを聞いてみて、クレジットカードの審査に通っているかどうか、審査に通っていたのならどうやって申込んだのかを聞いてみるのが一番いいでしょう。

 

初めてクレジットカードを作る場合には、勤務先に確認の電話が入るのが普通ですので、クレジットカードに申込んだことを会社の人に伝えておくことも必要です。