年収とクレジットカードの審査の関係で注意すること

年収とクレジットカードの審査の関係で注意をしなれけばいけないのは、クレジットカードのキャッシングや分割支払い・リボルビング支払いは過剰貸付けの抑制のための総量規制のルールに則るということです。

 

これは先程も申し上げましたが、「1社で50万円、もしくは他社と合わせて100万円を超える貸付けを行う場合は、源泉徴収票などの提出を受けることを義務付け、年収等の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する」というルールです。
つまり300万円の年収の場合は100万円までですから、すでにクレジットカードを持っていて、キャッシングや分割支払い・リボルビング支払いなどで1社で50万円を超えている場合には、年収が300万円あってクレジットカードの審査には通りそうでも、申し込み審査条件の厳しいクレジットカード会社の場合には審査に通らない可能性があります。

 

申し込み審査条件は、クレジットカード会社でそれぞれ違います。
クレジットカード会員規則には、年収を証明する書類が必要になる場合は、年収を証明する書類を提出する必要があると必ず記載されています。

 

年収を証明する書類が必要になる場合というのは、「借入希望枠と他の貸金業者の借入残高の合算が100万円を超える場合」という条件に引っ掛かるからです。
この条件はかなり厳しいもので、例えば年収300万円の人も年収1,000万円の人でも同じです。
総量規制が年収等の3分の1までに制限される仕組みということを知っていても、年収が1,000万までなら330万円まで自由に1社で使えるというわけではないのです。

 

他のクレジットカード会社の借入残高がどこもゼロであれば、特別な手続きはありません。
しかし、借入希望額を100万円として申込んだ場合、ときに既にあるクレジットカードで10万円のキャッシングをしていたら、この「借入希望枠と他の貸金業者の借入残高の合算が100万円を超える場合」に簡単に引っ掛かってしまうのです。